2013年4月のブログ

2013年4月30日 火曜日

巻き爪治療の流れをご紹介します

東京都練馬区の巻き爪矯正院みのわ整骨院での巻き爪治療の流れをご紹介します。



まず、痛みの発生時期や、巻き爪の症状など気にかかる点をカウンセリングによって詳しくお聞きします。
なんでもお話し下さい。カウンセリングに基づき検査を行い施術を行います。

フットバスの温浴によって、爪や足の皮膚を柔らかくし、爪の表皮をしっかり整えます。
巻き爪の部分につけるプレートがしっかり密着するために専用機器で爪の表面を滑らかにし、目の細かいやすりできれいに整えます。

BSスパングというプラスチックプレートを特殊な接着剤で爪に貼ります。
このプレートはとても薄く目立つということはありません。

巻いていた爪がプレートの反発力で少しずつ矯正されていきます。
爪の状態によって1、2枚のプレートを使用し、1、2ヵ月ごとに施術することになります。

矯正しながら新しい爪が伸びてくると平らになってきます。
巻き爪に悩んで、伸びて皮膚に食い込んできて爪を切る、皮膚に食い込んだ爪を切る時の痛みを我慢しながら爪を切り、また伸びて皮膚に食い込んでしまう、そしてまた切る。
といった悪循環でも我慢して一時的に痛みを排除していた治療から、専用プレートを使うことで、爪を平らにするという根本的な治療ができます。

記事URL

2013年4月19日 金曜日

巻き爪ケアについてのお話

多くの人が長期にわたって痛みに苦しむ巻き爪の治療としては、外科での処置は伸びてきた爪を切るという方法が多くとられています。
それ以前に、巻き爪の治療にどこの診療科に聞けばいいのかわからないという声を多く聞きます。

外科や皮膚科、形成外科や整形外科どこの科でも一応の処置と治療は行ってくれます。
みのわ整骨院では、巻き爪ケアを行っています。

巻き爪ケアとは、爪を切って痛みを取り除いたり、何かを詰めて痛みを軽減したりするような技術ではなく、巻き爪ケア専用の器具を爪に取り付けて、巻き爪が平らになるようにするケア方法です。
爪を切ってもまた伸びて皮膚に食い込んで化膿してさらに痛くなることも多く、根本的な治療にはなっていません。

当院の巻き爪ケアは、爪をまっすぐな状態にするという根本的な治療を行います。
爪の状態も人それぞれ違います。爪の巻き方や、爪周りの皮膚、爪の厚さや歪みなど、トータル的に状態を確認した上でベストな方法で安全かつ的確に巻き爪の処置を行います。

巻き爪ケアの最中に痛みを感じることなどもありません。
巻き爪に長く悩まされている方も多く、伸びて皮膚に食い込んだ爪を切る治療を行いながら今に至っている方はぜひ、巻き爪専門のみのわ整骨院で痛みの少ない巻き爪ケアの相談をしてみてください。

記事URL

2013年4月15日 月曜日

一般的な巻き爪治療と痛みの少ない矯正について

巻き爪という病気は、現代病と言われる病気でもあります。
現代において、特に日本の生活の中で靴をはく事が普通になった社会が作り出してしまった病気でもあります。

靴選びに際して足にとって健康で機能的なものを選ぶよりも、デザインやファッションなどを重視して、足を靴に合わせると言っても過言ではない状態での靴選びがされているのが現状です。
靴だけが巻き爪の原因だとは言えませんが、靴社会が巻き爪に与える影響はとても大きなことでもあります。

人間の全体重を足が支えていると考えてもよいほど足は毎日おおきなストレスを感じています。
足を少し怪我をした時にでも、普段通りの生活ができない事も多くあります。

巻き爪で長年悩んでいる日本人は、10人に1人という大きな割合でいるとも言われています。
長年巻き爪で苦しんでいる人の多くは、爪が伸びて巻き爪の端が指の肉に食い込んで痛くなると皮膚科などで爪を切って痛みを和らげ、また伸びてくると切るという治療を繰り返しています。

しかし、爪は伸びてくるので巻きこんでくる爪を切ったとしても一時的なもので、切っては伸びる、痛みがまた出るという繰り返しで根本的な治療にはなっていないのです。

みのわ整骨院では、痛みの少ない巻き爪矯正を行っています。
巻き爪矯正の専用器具を使って、巻き爪が平らになるように矯正を行います。
巻き爪で長年悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

記事URL

2013年4月8日 月曜日

巻き爪の原因を日常生活の中から排除しましょう

巻き爪とは、さまざまな原因で爪が巻いて指の肉に食い込んでしまう爪の病気です。
多くの人が足の指の巻き爪に悩み、歩く時の痛みや、痛みで眠れないなど日々の生活に大きな影響を与えています。

巻き爪の原因は、賦課爪、遺伝、体質、靴の問題などさまざまな要因によって引き起こされています。
巻き爪の原因の一つとしては、深爪があげられます。

爪を深く切り過ぎてしまい爪床が見えてしまった状態を言います。
そしてその深爪の状態で合わない靴やハイヒール、締め付けの強いストッキングなどを履いた場合に、爪に負担がかかり爪の周りの肉が盛り上がって巻き爪になってしまうことがあります。

巻き爪によって爪床を傷つけてしまいそこから細菌が入ってしまうと、手術等外科的処置が必要になってしまう事もあります。
巻き爪の一因となる深爪にならないように気をつける事も大切なケアです。
巻き爪の原因となるものは、日々の生活の中で排除して、巻き爪にならないよう、特に深爪などには充分気をつける必要があります。

記事URL

2013年4月1日 月曜日

東京練馬区の巻き爪の治療矯正のみのわ整骨院

皆さんの周りにも巻き爪で悩んでいるという人のお話を聞く事もあるのではないでしょうか。
巻き爪は、爪の両端が先端部で強く内側に湾曲しそのために爪の皮膚をハサミ、皮膚に食い込むことによって強い痛みを引き起こすものです。

足の親指に最も多く発生しますが、他の足の指や、手の指にも発生することもあります。
巻き爪の痛さは実際に経験した人でなくてはわかりませんが、巻き爪の症状に悩み、実際に来院された方々の症状の写真などを見るだけでも、とても痛そうで辛そうだと感じます。

一般的には、この巻き爪の痛みを取り除くために爪を深く切り込むという方法をとる人が多いのが現状です。
爪は日々伸びてきます、そのため皮膚に食い込んだ爪を切って一時的に痛みを感じなくなりますが、爪が伸びることによって爪の巻き込みはより一層強くなり、痛さも強くなり、また痛さを一時的に排除するために爪を切るという状態が繰り返されることになり、根本的な治療や痛さの解消にはなっていません。

巻きこんだ爪によって傷つけられて細菌の感染等を受けると、炎症を起こし、さらに激しい痛みと症状を悪化させることになります。
そこで痛みの少ない巻き爪矯正で専用のワイヤーやチップ、プレートなどを爪に取り付け、巻き爪が平らになるようにケアする技術を行うことで、根本的な巻き爪の痛さからの解放が実現します。
巻き爪ケアをすることによって、確実に爪の状態が変化していきます。ぜひ、巻き爪で悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

記事URL

spacer
03-5393-0925
アクセス



東京都練馬区高野台5丁目7-3

TEL:
0120-830-925(予約専用ダイヤル)
03-5393-0925

詳しくはこちら
spacer

お問い合わせはお気軽に

練馬で巻き爪治療•整骨院をお探しの際はお気軽にお問い合わせください。精神面からサポートする施術です。