2014年3月のブログ

2014年3月27日 木曜日

巻き爪は、プレート装着で矯正が可能です。

東京近郊で巻き爪でお悩みの方は、いつもどのようなケアをしているでしょうか。
巻き爪は、爪の端が肉に食い込み、皮膚が傷ついて菌が入ってしまった場合、炎症を起こしてしまいます。
何度も爪を切っても、爪が巻いている間は同じ状態になるものです。

当院は、BSスパンゲという、巻き爪矯正の治療法を採用しています。
プラスチックプレートを爪に直接付けることで、爪の状態を通常の形に矯正していきます。

巻き爪治療は、プレートによって、徐々に矯正されていきます。
1から2ヶ月間接着し、再度新しいプレートで矯正することで、爪が正しい状態で伸びていきます。

この方法は、切開手術などを行いませんので、施術後、すぐに通常の生活が可能です。
お電話、メールでもご相談を受け付けております。

記事URL

2014年3月17日 月曜日

巻き爪は我慢せずに。

「痛いけど歩けるし、お医者さんに行くと時間もお金もかかるから」なんて我慢して過ごしてはいませんか。

巻き爪は放っておくと傷みも含めて症状が悪化してしまいます。
なにごともそうですが、早めの対策が大切なのです。

はじめての来院は勇気がいるかもしれませんが、ひとりで悩んでいても状況は変わりません。
ぜひ一度、専門の医療機関に診てもらうことをおすすめします。

当院は東京にありますが、遠いのであればご近所の医療機関を探してみてください。
今はインターネット上にたくさんの情報が載っているので検索してみるとよいでしょう。

いきなりの診察が不安なら、まずは相談だけしてみるのも手です。
巻き爪についてのしっかりとした知識が得られるので、それだけでも気持ちが明るくなると思います。

記事URL

2014年3月10日 月曜日

東京にお住まいの皆様へ

暖かな陽気が春を感じさせる今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ブーツからスニーカーやスリッポン、ヒールに履き替えて、春の新作オシャレを楽しんでいる女性の皆様も多いかと思いますが、巻き爪に悩んで足元のオシャレが楽しめない方という方もよく耳にします。
お困りの方は、ぜひお気軽に当院へご相談ください。

爪の形状や靴による圧迫、スポーツなどが原因で起こる巻き爪は女性の方に多いお悩みです。
病院に行くまでは、と爪を切るなどしてご自身で対処されている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし爪を切ることでさらに巻き爪は悪化します。

巻き爪にお困りの方は、ぜひ巻き爪治療を専門医行っている当院へお任せください。
痛みの少ない矯正法でサポートいたします。

記事URL

2014年3月3日 月曜日

東京で巻き爪にお悩みの方。巻き爪は矯正できます。

巻き爪は、爪が横方向に曲がり、巻きこむような形に生えてしまう症状です。
足の親指に発生することが多くありますが、他の足指や手の爪に発生することもあります。

巻き爪になると、爪の周囲の皮膚を巻き込んで圧迫したり、角などが皮膚に刺さってくることもあります。
それによって、皮膚が炎症を起こし、大きく腫れたり、出血や化膿という症状になったりすることもあります。

そのような症状になってしまった場合でも、常に爪が刺さってくる状態のままである場合がほとんどなので、ひどい痛みなどに悩まされ、最終的には外科的な処置が必要になってきます。

そこで、そんな痛みを回避し、お悩みを解決していくのが巻き爪矯正です。
当院ではワイヤーなどを使用し、巻き爪を平らにしていく矯正治療などをおこなっています。
是非一度ご来院ください。

記事URL

spacer
03-5393-0925
アクセス



東京都練馬区高野台5丁目7-3

TEL:
0120-830-925(予約専用ダイヤル)
03-5393-0925

詳しくはこちら
spacer

お問い合わせはお気軽に

練馬で巻き爪治療•整骨院をお探しの際はお気軽にお問い合わせください。精神面からサポートする施術です。